よくあるご質問

  1. 器具栓と未使用のガス栓を全て閉めてください。
  2. ガスメーターを確認し、上部真ん中のランプが点滅、液晶にガス止の表示がある場合、復帰ボタンを押してください。
    ガス漏れなどの異常がない場合は、ガスが使えるよう復帰します。
  1. ガス臭くないかご確認ください。ガス臭い場合は戸を開け、ガス栓を閉めた上で、すぐにガス漏れ通報専用電話番号へご連絡ください。
  2. ガス栓、器具栓が閉まっていないかご確認ください。
  3. ほかのガス機器は使えるかご確認ください。
  4. ガスメーターの栓が横になっていないかご確認ください。ガスメーターの栓を縦にしてください。
  5. ガスメーターは点滅していないかご確認ください。ガスメーターのランプが点滅していたら、復帰の操作をお願いします。
  • ガス栓が全開になっているかご確認ください。
  • ガスメーターは止まっていないかご確認ください。冬場など、ガス使用量が増えてしまったときにはガスメーターが遮断してしまう場合があります。ガスメーターにある復帰ボタンを長押しして3分ほど待ってください。メーター内でガスの安全が確認取れたら使えるようになります。
  • 故障表示が点滅していないかご確認ください。給湯器のコンセントを抜き、2・3分経ってからもう一度差して電源を入れて見ると直る場合があります。

ガスの異常が見られない場合、給湯器が原因の可能性がありますので、以下をチェックしてください。

  • ブレーカーは落ちていないか
  • 給湯器のコンセントは入っているか
  • 給湯器のリモコンのスイッチが入っているか
  • 給湯器の温度設定が低くなっていないか

リモコンに表示されるエラー番号などで原因が特定できるケースがありますので、その場合は取扱説明書で確認してください。一旦、リモコンの電源をオフにするだけで復帰する場合もあります。

解消されない場合、コールセンターにご連絡いただき、業者を手配することも可能です。ただし、点検のみとなる可能性がございます。

  • 湯温調節のレバー(つまみ)が「水」に設定されていないかご確認ください。
  • 乾電池は入っているか、あるいは乾電池の【+-】が逆になっていないかご確認ください。
  • 乾電池がなくなりかけていないか、電池消耗のランプがついていないかご確認ください。
  • ガス栓(ガスの元栓)は全開状態になっているかご確認ください。
  • 給水栓(水の元栓)は開いているかご確認ください。
  • フィルターが詰まった状態になっていないかご確認ください。
  • 安全装置(立ち消え安全装置、不完全燃焼防止装置、消し忘れ防止装置、インターロックなど)が作動していないかご確認ください。
  • ガスホースが折れていないかご確認ください。

温度調整およびガス量調節が「低」になっていないか、水抜き栓がゆるんでいないかご確認ください。

温度調節が「高」になっていないかご確認ください。入水温度が高い時は、ガス量調節を「低」にしてください。

バーナーが劣化しているのかもしれません。日々の使用によるがたつき、汚れや詰まりが原因の可能性があります。やわらかい布・ブラシなどで掃除をしてみてください。簡単な汚れなら、水でふき取ることができます。お掃除をした後に濡れていると、着火が不安定になるので水分をふき取ってから着火してください。また、使用頻度の低いバーナーがつかなくなる場合があります。着火しない場合は、何度か試してみて火がつくか確認しましょう。定期的に使用することも大切です。

  1. ガスの開栓手配をしたかご確認ください。
  2. ガスの開栓をしているが、ガスがでない場合は、「ガスの復帰ボタンについて」を参照ください。
  3. 着火する際に、着火スイッチから火花が飛んでいない場合、電池切れの可能性もありますので、新しい乾電池に交換し、火花が出るかご確認ください。
  4. お子様の操作を防止する「チャイルドロック」がかかっている場合があります。気がつかないうちに、ロック状態にしてしまうときもあるので、こちらもご確認ください。

コールセンターでは人的被害拡大防止のため、お電話対応のみとなります。緊急を要すると考えられる場合は、安全を第一に考え、弊社の出動よりもガス会社への連絡補助を優先いたします。

  1. 天板・ごとく・バーナ横にある「立ち消え安全装置」の清掃をお願いします。軽い汚れであればやわらかい布などで拭取り、汚れがこびりついている場合は、やわらかいしブラシなどで汚れを落としてください。繊細な部品なので注意して清掃してください。
  2. 電池切れの可能性もありますので、新しい乾電池に交換してみてください。
  3. バーナーまわりが濡れていると、点火の妨げになり、点火しなかったり、すぐに消える原因となります。吹きこぼれ、煮こぼれ、バーナー部分が濡れていないか確認し、濡れている場合はふき取って乾くのを待ってから再点火をお願いします。
  1. 前へ
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 9
  6. 10
  7. 11
  8. 12
  9. 13
  10. 14
  11. 15
  12. 16
  13. 次へ